ログイン

緊急連絡登録フォーム操作マニュアル

こちらのマニュアルを参考に操作して下さい。
緊急連絡用登録フォーム操作マニュアル.pdf
 

奨学金募集要項

現在は募集しておりません。
 

Adobe Reader

PDFのファイルが表示されない場合は、下記より最新のADOBE READERをダウンロードして下さい。

 

治癒証明書

治癒証明書はこちらです。
こちらをダウンロードし、医療機関にご提出ください。
感染症と出席停止について.pdf
治癒証明書.pdf
 

オンライン状況

オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人

カウンタ

111870人。

アクセス

群馬県前橋市日吉町2-25-1
TEL 027-231-2403
FAX 027-233-1291
mail setano-hs◎edu-g.gsn.ed.jp
◎を「@」に直してご利用下さい。
 

フードバイオ研究部

フードバイオ研究部
フードバイ研究部の活動について
 

日常の活動について
 
 私たちフードバイオ研究部は放課後、週の火、木、土に学校から離れた遠隔地農場の上泉農場の応用菌類棟
にて活動しています。
  活動内容は各種きのこの栽培や野生きのこの栽培をおこない、栽培品種との交配も実施し、プロジェクト発表と
 して各種の発表会に参加しています。
   以下にいままでに部活動として研究してきた内容を記載します。
   ○カバノアナタケの人工栽培についての研究(平成17年度実施)
    ○使用済み割り箸を利用したきのこ栽培(平成18年度実施)
    ○ムラサキシメジの菌床栽培に関する研究(平成19~20年度研究)
    ○マスタケの菌床栽培の確立(平成20年度実施)
    ○サナギタケの人工栽培に関する研究(平成21年度~平成26年度研究継続中)
    ○勢多農産ブランドのヒラタケ販売を目指して(平成23~24年度)
   以上、生徒たちは放課後の部活動としてみんなで協力して研究を実施しています。
 

野生きのこの採取について
 
 本校には赤城山の南面の学校から車で30分のところに80haの演習林を持っています。
  またその上には群馬県が管理している「赤城・ふれあいの森」がありますが、きのこの季節になると年間、
5~6回部活動として演習林やふれあいの森に出かけ、野生きのこの採取を実施しています。
  上記のムラサキシメジ、マスタケ、サナギタケは赤城山で採取されたきのこを基に研究がおこなわれています。
   以下に採取されたきのこを紹介いたします。

 
     野生のサナギタケ          採取されたサナギタケ

 
   野生のヌメリスギタケモトドキ      採取されたヌメリスギタケモドキ